【中山記念2021予想】焦点は時計?問われる高速5F適性~本命は前々走ハイレベルな走り見せたあの馬

2021年競馬予想-結論

例年ハイレベルなレースレベルを記録するGⅡ戦中山記念。

例年前半36秒程度で推移し後半は35秒台が全体の大まかな流れ。

前年の覇者ダノンキングリーは毎日王冠勝利でこの距離、時計共に実績ありの馬だった。

特異な条件で行われる中山1800Mの重賞戦。焦点はやはり速い時計に対する適性。


中央競馬ランキング

↑応援クリックよろしくお願い致します。

中山記念 結論◎クラージュゲリエ

時計勝負に対応力というコンセプト。本命はクラージュゲリエを指名したい。

前走、前々走と復調気配見せた素質馬がいよいよ本来の走りを取り戻してきた。

中山記念予想2021

前走日経新春杯は3着に敗れはしたが、道中自分から手応え良く動いてのレース展開。

前半36.1-36.2-35.6というペース構成で、どちらかと言えば消耗戦気味の中距離戦で自身の持ち味を活かすことが出来なかった。

本質的に言えば、やはり京都2歳Sで見せたような末脚比べが理想だろう。

キレイな馬場で速い末脚を問われる馬場でこそのタイプ故に前走は健闘したと見るべき。

評価すべきはやはり前々走のアンドロメダS。

アドマイヤビルゴに敗れはしたが、最後まで食い下がったこのレースの時計が適性的に一番合う。

36.8-35.4-34.9で前半ゆったり気味の時計を後半からペースアップして食い下がったこのレースを高く評価しなければならない。

前走は前半から速い構成で、後半は消耗気味に推移したレースだっただけにこの馬は最後ガス欠気味。

ハンデ差も考慮すれば、着差は広がりがあれど十二分なレース内容だったと考えたい。

中山記念のレース構成が36.8-35.3-34.2程度の推移で、中盤速くなりがちなレース。

マイル的要素もありながらも、1Fの長さがマイラーの台頭を阻止する特異なレース条件で、問われるのは距離実績と時計構成に対する耐性。

2000Mでどれだけ中盤速いレースを経験してきたか、適性があるかが焦点で、今回人気サイドでそれを満たすのはクラージュゲリエと予想した。

人気のヒシイグアスはこの点の経験がやや欠ける印象もあり、バビットもどちらかと言えば前半飛ばして中盤緩むレースで結果を残してきたタイプ。

前半の速さよりも中盤から後半にかけてハイレベルな時計構成で走る馬が今回の適性と見る。

本命推奨はクラージュゲリエ。復帰後の二戦内容濃く評価できる。鞍上ルメールにスイッチでCW三週連続で追い切り、2/11の追い切りでは長めから最後は12.4で終い締めくくった内容から仕上がりは相当良いと見る。勝負気配感じさせる同馬を本命に据え、紐荒れ期待したい。

穴推奨はフランツ

前走中盤速い時計で走り、近走実績の殆どが中盤速い時計でのレース。

後半トータルで速い時計が問われる展開なら強い馬で、人気サイドに不安アリならチャンスと見る。


中央競馬ランキング

↑応援クリックよろしくお願い致します。

↑twitterフォローよろしくお願い致します。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ


タイトルとURLをコピーしました