【ホープフルステークス2019予想】最終結論~実力十分、二強に迫る

2019年競馬予想-結論

例年よりもハイレベルな時計でこのレースに参戦してきたのはコントレイルワーケア

コントレイルは東京スポ杯2歳Sの時計は実に1:44.5で、従来のレコードを大きく上回っての圧勝劇。一方のワーケアも同日の水準時計を大きく上回る時計で快勝。ハイレベルなレースを展開して見せた。

この二強が大きく崩れるとすれば、距離と中山への適性。

そこにつけこむならば、やはり経験を持つ馬の選定。

ホープフルステークス2019最終結論◎ヴェルトライゼンデ

時計面から別格の存在をうかがわせるコントレイル。例年ならこれは優勝クラス以上のレベルを持つが、今年はワーケアの存在もやはり気になる。

コントレイル、ワーケアという飛びぬけた存在の二頭が強いのは明白、一目瞭然。となれば、予想としては第三の馬を指名するのが使命。

当レースは基本路線は前半37秒程度の時計を刻む。となれば、ゆったりしたペースで走ってきた馬を指名するのが基本。加えて中山の馬場はこの時期やはり重たい。上がりも35秒台の決着ならそれに適性のある馬を指名すべきだろう。

本命はヴェルトライゼンデ。前走萩Sは37.5-34.7の時計で勝利。

キャリア二戦とも37秒台の前半時計で勝利しているが、上がり時計はいずれも34秒台。

前年のサートゥルナーリアよりも時計は遅いが、レースレベルは水準以上。前年よりも時計そのものは出なかったがこれはペースによるところが大きい。

コントレイル、ワーケアが例年の勝ち馬水準にあっても経験はいずれも府中によるもの。

重たい馬場、2000Mという距離が重くのしかかるならばヴェルトライゼンデの出番と見た。

名門池江厩舎、父ドリームジャーニー、母マンデラと重たい馬場を苦にしない血統構成が光る。

名手マーフィーを確保して勝負気配抜群。二週連続CWで好時計で一週間前は自己ベストの時計。

最終追い切りは坂路で強めでキッチリ仕上げてきた。

本命はヴェルトライゼンデ。二強に割って入るなら適性向くこの馬で。


中央競馬ランキング

↑応援クリックお願い致します!

↑twitterフォローよろしくお願い致します。

Author
一ノ瀬

競馬データアナリスト。
『時代は変わる』AI、新技術の到来で競馬予想は大きく変わる。
本業で財務、統計分析、データ分析等の業務に従事した経験を活かし、データアナライズの技術を競馬に応用。
競馬予想をデジタル化し、可視化させることでブレがない予想を提供する。競馬で勝つための鉄則は、『自分を信じること』。積み上げたプロセス、努力に嘘はない。

一ノ瀬をフォローする
2019年競馬予想-結論
一ノ瀬をフォローする
データアナリティクス競馬予想術【データ競馬予想ブログ】
タイトルとURLをコピーしました