【朝日杯フューチュリティステークス2019予想】最終結論~キズナの血に賭ける

2019年競馬予想-結論

来週の有馬記念、今週それに向けて良い予想がしたい。

このブログを見てくれる読者にとって有益な情報を提供したい。

今週の朝日杯FSも全力投球で予想。◎は…サリオスでもレッドベルジュールでもない。

前走で評価を落とした人気薄のあの馬から勝負。

朝日杯フューチュリティステークスのデータ分析はこちら

朝日杯フューチュリティステークスの血統分析はこちら

朝日杯FS最終結論◎ビアンフェ

世間一般の評価ではスプリント気質のタイプに映るビアンフェ。しかし、当ブログでは世間のステレオタイプな印象を覆して、最終結論では◎を与えた。

それもハイペースで逃げを演出するイメージがつきまっているが、それは函館2歳Sの印象が大きく大衆に影響を与えている。

自身33.6-35.6で逃げ切った函館2Sは圧巻のレース内容であったが、これがこの馬の全てを表すレースだったとは言い難い。

前走京王杯2歳Sでは自身34.9-34.1のペースで逃げたレースでは今度はタイセイビジョンに差される形になったが、これは馬場適性の差。

距離の差ではなく、むしろ後続を離した結果と上がり時計との関係性を見るにその可能性は低い。

逃げて差す。阪神はビアンフェにとって打ってつけの舞台。

函館2歳Sは33秒台のハイペースを演出した印象も強いが、自身の上がりは5位。

前走にしても上がり3位程度を繰り出しての2着だけに、どちらかと言えば典型的なハイペースの逃げ馬ではない。

どちらかと言えば、”逃げて差す”タイプの馬で長い直線は苦にしない。

前走の上がり時計34.4。阪神マイルで緩い流れならもう一押し効く。

姉ブランボヌールもスプリントから同様のキャリアを歩んで阪神マイルのGⅠで3着。

母系がスプリントだけに、やはり厳しいペースでこその血統。

前年もスローペースで圧倒的な結果を出してきたグランアレグリアが3着に敗れたように、朝日杯FSの傾向は基本的に厳しいペース。

当レースで厳しい展開が想定されるならば、逆にスプリント路線での経験が活きる。

先週のトレンドで父ダイワメジャーに目を奪われがちだが、注目すべきはキズナ産駒のマルターズディオサ。

GⅠの舞台で光り輝いた新種牡馬の産駒が今週も活躍すると見て、今週はビアンフェに◎を託す。

朝日杯FS対抗馬は…


中央競馬ランキング

前走レベルが高いこの馬。隙があるとするなら適性面。経験不足は否定できない。

↑twitterフォローよろしくお願い致します。

Author
一ノ瀬

競馬データアナリスト。
『時代は変わる』AI、新技術の到来で競馬予想は大きく変わる。
本業で財務、統計分析、データ分析等の業務に従事した経験を活かし、データアナライズの技術を競馬に応用。
競馬予想をデジタル化し、可視化させることでブレがない予想を提供する。競馬で勝つための鉄則は、『自分を信じること』。積み上げたプロセス、努力に嘘はない。

一ノ瀬をフォローする
2019年競馬予想-結論
一ノ瀬をフォローする
データアナリティクス競馬予想術【データ競馬予想ブログ】
タイトルとURLをコピーしました