【根岸ステークス2020予想】~【AJCC2020予想回顧】ラストドラフト好走…調教アナリティクスの神髄

2020年競馬予想データ

今週は根岸S、シルクロードSの二本立て。

恐らく勝負レースは根岸Sになるだろうが、ダートは地方が介入するので正直データ不足で予想がし辛い。『データアナリティクス』と銘打っているだけに、データが不足しているときはやはり弱いといえば弱い。ただし、だからといって予想が成立しないわけじゃない。時間はかかっても根拠は見つけ出せる。ただそれが時間がかかって面倒だということで…

メルマガを発行しました!

完全無料でお届け!重賞先行予想、平場予想はメールでお届けいたします!

【根岸ステークス2020予想】中心はやはりあの馬で仕方がない?

今週の根岸S、安田記念優勝馬モズアスコットの参戦というサプライズ。瞬発力勝負が苦手で消耗戦が得意な馬だけに、この参戦は案外好意的に見たい側面もある。

根岸Sの一週間前本命予定馬は…


中央競馬ランキング

↑人気ブログランキングに馬名掲載中!

前年よりもハイレベルなレースを展開。着実に成長しているこの馬が中心になることは間違いなし。馬券の中心にして、紐荒れ想定か堅い配当を手堅く取るかという判断を最終的に行いたい。

※先週危険な人気馬にAJCCスティッフェリオ(3番人気8着)を指名

週半ばに発表する人気ブログランキング掲載の馬も是非注目してください!

【AJCC2020回顧】本命はラストドラフトは3着も…

当ブログで推奨したラストドラフトは3着。

AJCC2020予想記事はこちら

優勝したブラストワンピース、2着のステイフーリッシュが先行策で競馬を進めてきた点を考えれば、当然位置取りの不利はあっただろうが基本的にまだまだ上位陣とは能力的な壁があると感じさせた。

道中の位置取りから見ると、社台RH内でステイフーリッシュと使い分けられたのだと感じさせる。前門の虎、後門の狼とも言うべき位置取りから相当結果を求められていたのだろう。

チーム社台RHがなぜこの舞台で必死だったのかまでは推測しないが、どうも相当結果が欲しかったかのようなチームプレイ。

本命に推奨した理由は、四歳馬という伸びしろ。前走中日新聞杯で目途が立った点と、状態面が最高クラスに良かった点。

それでいて3着なのだから、基本的にはGⅡクラスはまだまだ壁が厚いということだろう。

今週のAJCCは調教を主眼に置いた予想考察になった。

twitterにて調教評を載せているので是非参照して見てください。

例えばブラストワンピースの調教評に関しては…

ブラストワンピースの追い切りで注目すべきは、今週の追い切りではなく先週の追い切り。 南W6F79秒、5F64秒台の好時計を見れば確かに動けている印象もあるが、 【時計を出さなくてはいけなかった】 【一杯に追わなければいけなかった】 点を加味しなければいけない。

これまでのブラストワンピースのキャリアから察するに、全体時計も好時計で走った時は成績が悪い。 厩舎主体で仕上げるタイプではないので、帰ってきたときにはもう仕上がっているはずなのにそれでも全体時計をきっちり出さざるを得ない。

全体時計からしっかり出さなければ仕上がりに不満ということは、裏を返せば仕上がり途上で厩舎に帰ってきたということ。 ただし、それは一週間前の話。 恐らく不満だったのはこの一週間前のみ。 今週の追い切りでむしろ抑え気味の時計だった点が少し引っかかる。

裏を返せば、最終追い切りの段階で時計を抑えたということは、恐らく満足のいく出来に仕上がったと推測。 二週連続必死で追い切った昨年の春の調教メニューほど、今回は悲壮感がない。陣営に余裕がある。 つまり、昨年の春に比べて走れる体勢は整っているということ。

また、危険な人気馬に指名したスティッフェリオに対する調教評は…

スティッフェリオの調教という面でははやはり良くないかな。 これは巷で言われる通り、有馬記念の疲れが…と感じさせる部分ある。 出そうと思えば51秒台の坂路時計を持つ馬。 好調時は52秒で終い12秒台で締めくくるパターンなのに、今回は終い13秒台。

最高速度とも言える全体51秒台の坂路時計を出したわけでもないのに終いが13秒台。 先行して速い上がりを使うタイプなのに上がりが13秒台では厳しい。

といった具合に、根拠も添えて有力馬の調教評を記載しております。

よろしければ、フォローして参考にしてください!

データアナリティクス競馬予想術 一ノ瀬のTwitterはこちら!

◎の考え方~連対率、複勝圏内率への拘り

毎週毎週競馬予想をしているが、“◎は最低限3着に来てほしい”と考えている。

複勝圏内率という数字に非常にこだわりを持っているので、まずは三着以内は最低限。

ベストはやはり3着以内ではなく2着以内。当方は買う馬券の殆どが“馬連”なので、2着に来ることが望ましい。配当の低いワイドで少ない点数で馬券を取る方法はどうも性に合わない故に、馬連が中心馬券となる。

故に、ラストドラフトを本命に据えて3着にであれば、勝ったような負けたような気持になることは間違いない。

最低限はこなしても、最高の結果だったというわけではない。

馬の能力を見誤った、とも言うべきでこれは反省点の一つ。

状態面が最高でというのは買い材料ではあったが、能力も見極める冷静さも改めて必要になってくる。

毎レース毎レースが勉強。勉強の一つ一つが結果になって表れてくる。

そういった積み重ねの結果、1月は結局、重賞◎の成績(2.1.1.1)で複勝圏内4/5という素晴らしい結果に昇華していった。

単回収率208% 、複勝回収率196%という結果で1月を締めくくったのだから読者の皆様にまずは責任を果たせたと思ってホッとしている。

単勝回収率にはこだわっていない。こだわっているのは複勝圏内率。

馬券圏内率、連対率が高い予想家を目指しているので、単勝回収率はこだわっていないが、それでも結果が付いてくればうれしい。

単勝回収率は一つの指標ではあるが、馬券圏内率は当ブログで最も重視する指標。

軸馬が崩れれば、当然馬券は外れるのでその軸の信頼度の高さが結局回収率に大きく影響してくるからだ。

単勝回収率は複勝圏内率が低くてもプラスに転じることは出来るが、“一発逆転”のイメージが強く、いつ爆発するか分からないもの。

もし爆発に乗りそびれたら、その読者はずっと外れ馬券を買い続けるのでプラス収支にならない。

毎週毎週競馬をやって毎週毎週予想に乗ります、という人ばかりではないので、爆発した予想に上手いタイミングで乗ることは非常に難しいという話。

ということはやはり◎の信頼度を追い求めて、いつどんな時にブログを見ても収支がプラスになるように手助けするのが当ブログの存在意義。

12月に引き続き1月も好成績。調子にブレがないデータ分析予想の強み。

12月の成功はまだまだ短期的なものだったと捉えられていたが、1月の成功からそれも短期ではなく中長期的な成功なのかと感じてもらえるかもしれない。

データアナリティクスという予想の正当性が改めて証明される1月だったと感じる。

もっともっと勉強して、もっともっと良い結果を求めましょう。

1月は皆様お疲れさまでした。2月はもっと良い月にしましょう!

根岸Sの一週間前本命予定馬は…


中央競馬ランキング

↑人気ブログランキングに馬名掲載中!

↑twitterフォローよろしくお願い致します。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ


Author
一ノ瀬

競馬データアナリスト。
『時代は変わる』AI、新技術の到来で競馬予想は大きく変わる。
本業で財務、統計分析、データ分析等の業務に従事した経験を活かし、データアナライズの技術を競馬に応用。
競馬予想をデジタル化し、可視化させることでブレがない予想を提供する。競馬で勝つための鉄則は、『自分を信じること』。積み上げたプロセス、努力に嘘はない。

一ノ瀬をフォローする
2020年競馬予想データ 2020年競馬予想回顧
一ノ瀬をフォローする
データアナリティクス競馬予想術【データ競馬予想ブログ】
タイトルとURLをコピーしました